よくある質問

処方せん

  • 病院で処方せんをもらったのですが、その日のうちに薬局へ行けません。お薬を後日受け取ることはできますか?

    処方せんには有効期限があり、原則、処方せん発行日から土日祝日も含めて4日間です。処方せんの受付が完了していれば、お薬の受取は4日以上経過していても大丈夫ですので、4日以内の来局が難しい場合は、株式会社なかいまち薬局の処方せんメールFAXで、処方せんをご送付いただき事前に受付を行ってください。

  • 病院の近くの薬局ではなくて、別の薬局でお薬を受け取っても大丈夫でしょうか?

    「処方せん受付」の表示がある薬局であれば、全国どの薬局へお持ち込みいただいて大丈夫です。株式会社なかいまち薬局の調剤店舗では、全国どこの処方せんでもお受付しております。

  • ジェネリック医薬品を使うように言われていますが、どうすればよいでしょうか?

    処方せんにジェネリック医薬品への変更不可との記載されていなければ、ジェネリック医薬品をご利用いただけますので、気軽に薬剤師へご相談ください。

お薬手帳

  • お薬手帳は無くても大丈夫ですか?

    診療報酬の改定によりお薬手帳をご持参いただくとお薬代が安くなる仕組みとなりました。また、複数の医療機関を利用する場合にも、お薬手帳を医師・薬剤師に見せることで、副作用のリスクを軽減することが可能になりますので、ぜひお持ちいただきたいです。

    こんなアイディアも!

    お薬手帳を常に携帯しておくというのも大変です。最近では、スマートフォンのアプリ上で管理ができるものも登場しています。スマートフォンは、日常的に持ち歩いているものですので、急にお薬手帳が必要な状況でも、アプリに登録しておくことで、旅先、外出時等、日常生活のほとんどの場面で対応できますね。

    参考:お薬手帳が必要な理由

お支払い

  • 現金以外のお支払いはできますか?

    以下のクレジットカードおよび電子マネーに対応しております。

    クレジットカード 電子マネー

お薬の管理

  • 飲み忘れた薬や、飲んでいない薬が家にあります。どうすればよいでしょうか?

    薬剤師が、服用されているお薬と照らし検討をし、処方している担当医と調整致しますので、お気軽に薬局の薬剤師へご相談ください。

  • お薬はどこに保管すればよいでしょうか?

    お薬は室温保存や気密容器に保管などといった注意が必要なものもあります。ご不明な際は、気軽に薬剤師へご相談ください。また誤飲・誤用を避けるため、食品や農薬、殺虫剤などとは区別し他の容器に入れ替えないよう保管ください。

    お子様がいらっしゃるご家庭は・・

    子どもはなんでも口に入れたがります。お子様の手が届かないところに保管してください。

お薬の飲み方

  • 赤ちゃんにお薬を飲ませるときは、どうしたらよいですか?

    粉薬の場合は少量の水やぬるま湯でペースト状にし、上あごや頬の内側にさっとこすりつけ、水やぬるま湯を飲ませてみてください。ミルクに薬を混ぜると味が変わってミルク嫌いになることがあるのでおすすめしませんよ。

    シロップ剤の場合は、哺乳瓶の乳首に入れて飲ませてくださいな。最初に空の乳首を吸わせ、吸い始めたらシロップ剤を入れてみてね。赤ちゃんがいやるようなら、乳首を嫌ってミルク嫌いになったりするので止めましょうね。

    こんなアイディアも!

    ジャム、ヨーグルト、プリンなどの甘い食べ物や、アイスクリームやかき氷などの冷菓と混ぜて、薬の味を感じにくくさせるのもよいですよ。このとき、必ず食べきれる量に混ぜましょう。また、1歳未満の赤ちゃんには、乳児ボツリヌス症を発症する危険があるので、はちみつは使わないようにしてくださいね。

  • ひとりで暮らす親が、うまくお薬が飲めないみたいです。

    薬剤師による在宅訪問のご相談をお受け付けしております。主治医やケアマネージャーの方と連絡を取りながら、お薬が正しく飲めるようお手伝いをさせていただきます。まずは気軽にご相談ください。

ヘルスケア

  • お肌の曲がり角です。スキンケアって、どうすればよいのかしら?

    スキンケアという、保湿が大事!と、思う方は多いですね。もちろん肌に潤いを与えたり、しっとり感を保つために保湿剤は必要。けれど、それと同じくらい大切なのは「洗う」ことなのです。必要以上に皮脂を落としてしまったり、清潔な状態を保てなければ、保湿剤の効果も得にくくなってしまいますよ。

    ここが洗うポイント!

    ポイント1[洗い方]

    ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うのは避けましょう。摩擦によるダメージで、肌の潤いを保つバリア機能が弱くなってしまうことがあります。

    ポイント2[洗浄剤]

    シャンプー、石けんなどの洗浄剤は肌の状態によって使い分けます。気にしてほしいのは、洗浄力と成分。皮脂の分泌の少ない乾燥肌の方が、洗浄力の強いものを使うと潤いを保ちにくくなります。反対にニキビがある場合は皮脂を落とす必要があります。

    また、汗や脂のにおい、足のかゆみ、頭のフケなどを予防するなら、殺菌成分配合のものや、肌に石けん分を残さないすすぎ落ちのよいタイプのものをどうぞ。トラブルの起こっている肌は刺激に弱いので、低刺激性のものがおすすめです。自分にあった商品がわからない場合は、肌の状態を薬剤師にご相談を。いっしょにお選びしますよ。

  • 肩こりがひどいのですが…

    肩こりの大きな原因は筋肉疲労によるもの。筋肉中に疲労物質がたまって血行が悪くなり、こりや痛みが起こるとされています。筋肉疲労はよくない姿勢から起こります。たとえば猫背は、まっすぐな姿勢に比べて首や肩の筋肉は強く力を出してその位置を支えようとするため、筋肉への負担が増します。同じ姿勢を続けるのも緊張した状態を強いることになり、筋肉疲労を招きます。

    毎日、ここをチェック!

    肩こりの解消には正しい姿勢を保つことが大事。椅子や机の高さが自分に合っているかどうかを気遣いましょう。椅子は、座ったときに膝が直角に曲るぐらいの高さ、机は座ったときに両膝が当たらない高さで、目から30cm離れて読み書きができるぐらいが適当です。長時間の座り仕事をするときは、ときどき休憩して体を動かしまょう。首を前後左右に傾ける、両肩を回す、両肩を上げ下げする、胸の前で両手を拝むようにして力を入れる、といったストレッチは肩こり予防にもなります。

  • 認知症って防げますか?

    認知症の危険因子の1つは加齢です。ですが、実は、糖尿病、高血圧、脂質異常症など生活習慣病を予防することが認知症の予防につながるんですよ。長年にわたる疫学調査で、糖尿病の人はそうでない人に比べ認知症を発させる割合が約2倍という結果があるのです。生活習慣病の予防には適度な運動が欠かせませんが、実際、さまざまな研究で運動は認知症の予防効果が高いことが分かってきています。

    こんな運動にトライ!

    息が軽く弾む程度の有酸素運動を1日30分、週に3回以上行うのが理想です。それが難しいときは掃除をする、買物に出かけるなど、暮らしの中でこまめに体を動かすよう心がけましょう。また、有酸素運動をしながら、計算をしたり、しりとりをしたりと思考力を働かせるのもおすすめですよ!

go top